コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーサイ Bernardo Alberto Houssay

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウーサイ
うーさい
Bernardo Alberto Houssay
(1887―1971)

アルゼンチンの生理学者。「下垂体前葉ホルモンと糖代謝の関係」の業績で、1947年ノーベル医学生理学賞を受けた(同時受賞者はグリコーゲンの分解・消費について研究したコリ夫妻)。1904年ブエノス・アイレス大学薬学部を卒業し、1919年医学部生理学教授となる。第二次世界大戦中、軍事政権により、民主主義者として大学を追放されたが、生理学実験医学研究所を新設し、所長となって実験を続け、1955年ペロン大統領亡命後、大学に復帰した。膵臓(すいぞう)摘出犬の下垂体を除去すると、糖尿がなくなることから、下垂体からは、インスリンと反対のホルモンが出ることを実証し、これを「下垂体糖尿因子」と名づけた。[古川 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウーサイの関連キーワード[各個指定]芸能部門シーゲルマズローピッツバーグ・パイレーツ阿賀野川水銀中毒事件周恩来立木義浩寺村輝夫東松照明ビーティー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android