コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウースタイネ Woestijne, Karel van de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウースタイネ
Woestijne, Karel van de

[生]1878.3.10. ヘント
[没]1929.8.23. ツバナールド
ベルギーの詩人。フラマン語で執筆。典型的な世紀末の個性を作品に定着した象徴主義詩人。『二つの顔のヤヌス』 Janus met het dubbele voorhoofd (1908) は,形式の豊かさと厳格さによってみごとな散文詩となっている。詩集『金色の影』 De gulden schaduw (10) ,『泥の人間』 De modderen man (20) ,『海にのぞむ神』 God aan zee (26) は,神秘と官能との葛藤を描く。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ウースタイネの関連キーワードベルギー文学

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android