ウースタイネ(英語表記)Woestijne, Karel van de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウースタイネ
Woestijne, Karel van de

[生]1878.3.10. ヘント
[没]1929.8.23. ツバナールド
ベルギーの詩人。フラマン語で執筆。典型的な世紀末の個性を作品に定着した象徴主義詩人。『二つの顔のヤヌス』 Janus met het dubbele voorhoofd (1908) は,形式の豊かさと厳格さによってみごとな散文詩となっている。詩集『金色の影』 De gulden schaduw (10) ,『泥の人間』 De modderen man (20) ,『海にのぞむ神』 God aan zee (26) は,神秘と官能との葛藤を描く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android