コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウーンデッド・ニー Wounded Knee

翻訳|Wounded Knee

1件 の用語解説(ウーンデッド・ニーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウーンデッド・ニー【Wounded Knee】

アメリカ合衆国,サウスダコタ州南西部,パインリッジ・インディアン保留地内の地名。白人による最後のインディアン大量虐殺の地として有名。1890年12月29日,ビッグフット長の率いるスー族の一部族団がこの地で第7騎兵隊に包囲されて降服したあと,一発の銃声をきっかけに虐殺が始まり,女子どもを含む約200人のインディアンが兵士に殺された。1960年代後半以降,インディアン・ナショナリズムの高揚とともに,ウーンデッド・ニーは〈レッドパワー〉の聖地となり,73年2月28日,アメリカ・インディアン運動(AIM)は同地を占拠してスー族国家の独立宣言を行い,世間の注目を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウーンデッド・ニーの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国サウスカロライナサウスダコタネバダネブラスカノースダコタ亜米利加

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone