ウーンデッド・ニー(英語表記)Wounded Knee

翻訳|Wounded Knee

世界大百科事典 第2版の解説

ウーンデッド・ニー【Wounded Knee】

アメリカ合衆国,サウス・ダコタ州南西部,パインリッジ・インディアン保留地内の地名白人による最後のインディアン大量虐殺の地として有名。1890年12月29日,ビッグ・フット長の率いるスー族の一部族団がこの地で第7騎兵隊に包囲されて降服したあと,一発の銃声をきっかけに虐殺が始まり,女子どもを含む約200人のインディアンが兵士に殺された。1960年代後半以降,インディアン・ナショナリズム高揚とともに,ウーンデッド・ニーは〈レッド・パワー〉の聖地となり,73年2月28日,アメリカ・インディアン運動(AIM)は同地を占拠してスー族国家の独立宣言を行い,世間の注目を集めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android