コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイト環 エイトカン

2件 の用語解説(エイト環の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エイト‐かん〔‐クワン〕【エイト環】

登山で、懸垂下降に用いる8の字形の金属製の輪の俗称。ロープを通し摩擦を生じさせて速度を調節する。8の字環。エイトリング

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

パラグライダー用語辞典の解説

エイト環

8の字状の金具で、登山では必需品。パラグライダーではツリーランディングの際、安全に地上へ降りる為に山チンセットのひとつとして常備したいものである。カラビナ使い方によっては代用できるが、安定した降下にはこれが一番。
e-56.jpg

出典|
パラグライダー用語辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone