エイナル・ヘンリー ゲルハルセン(英語表記)Einar Henry Gerhardsen

20世紀西洋人名事典の解説

エイナル・ヘンリー ゲルハルセン
Einar Henry Gerhardsen


1897.5.10 - 1987.9.19
ノルウェーの政治家。
元・ノルウェー首相。
労働党に入党し、1923年に労働党書記長となる。’40年にはオスロ市長となったが、ナチスの侵略後、罷免され、’42〜44年まで強制収容所で暮らした。釈放後、’45年に労働党委員長に就任し、10月に労働党単独内閣の首相となり、途中辞任などはあったが’65年までに4選を果たした。’50年の選挙法改正、軍事関係のオンブズマンの導入などのノルウェー戦後改革に貢献した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android