コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウゲニウス2世 エウゲニウスにせいEugenius II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウゲニウス2世
エウゲニウスにせい
Eugenius II

[生]?. ローマ
[没]827.8.27. ローマ
ローマ出身の第99代教皇(在位 824~827)。司祭枢機卿(→カーディナル)在職中に,教皇パスカリス1世(在位 817~824)の後継者として選出された。824年,フランク帝国(→神聖ローマ帝国フランク王国)の共同皇帝ロタール1世をローマに迎え,ローマ憲章 Constitutio Romanaを受諾した。これは皇帝にローマの支配権を認めるもので,教皇の皇帝への忠誠,ならびにローマの聖職者と貴族の投票による教皇選挙が皇帝の承認に基づくことを規定したものである。エウゲニウス2世はローマ憲章を受け入れたが,教会の教典と規律に関する教皇の独立性は守った。また,東方教会におけるイコノクラスム(聖画像破壊運動)の復活に反対した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エウゲニウス2世の関連キーワードウァレンチヌスグレゴリウス4世サイバー犯罪ワシントンハイツ町立女川中学校創価学会女川町経国集勤操周期表

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android