コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウリュステウス(英語表記)Eurystheus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウリュステウス
Eurystheus

ギリシア神話の人物。ステネロスの息子。ヘラクレスの誕生する前に,やがて生れるペルセウスの子孫がミケーネの王になるとゼウスが宣言するのを聞いたヘラが,娘の出産の女神エイレイテュイアに命じて,ヘラクレスの出生を遅らせ,彼のほうを先に生れさせたためにヘラクレスの主君となり,彼に 12の難事業を課して苦しめた。ヘラクレスの死後も彼の子供たちに迫害を加え,最後にはヘラクレスの甥で忠実な従者であったイオラオスに殺されたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のエウリュステウスの言及

【ヘラクレス】より

… ゼウスがアンフィトリュオンAmphitryōnの妻アルクメネAlkmēnē(二人とも英雄ペルセウスの孫)に生ませた子で,彼がテーバイの地で生まれようとした日,ゼウスは妃ヘラに,今日生まれるペルセウスの後裔はアルゴスの支配者となろうと語った。つねづね夫の素行に目を光らせていたヘラはこれを聞くと,お産の女神エイレイテュイアEileithyiaに命じてヘラクレスの誕生を遅れさせる一方,アルクメネの従兄にあたるアルゴス王ステネロスSthenelosの子エウリュステウスEurystheusを先に生まれさせた。彼女はさらに赤児のヘラクレスを殺そうとその揺りかごに2匹の蛇をはいこませたが,将来の英雄はなんなくそれを締め殺した。…

※「エウリュステウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android