コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクメア Aechmea; aechmea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エクメア
Aechmea; aechmea

パイナップル科エクメア属の総称。熱帯アメリカに 150~180種が分布する。自生地では木や岩上に育つ着生植物。葉や花序の美しい種類が多く,パイナップル科の植物のなかでは,観賞用に最もよく栽培される。線形の葉が巻重なるように根出してそり返り,その中心から花茎を伸ばして穂状または円錐花序をつける。多くは花序が色鮮かな包で彩られ,葉にもしばしば斑 (ふ) が入る。最も一般的な種はエクメア・ファッシアタ A.fasciataで,淡桃色の美しい包が長期間観賞できる。一般に鉢植えで育てる。春から夏にかけては戸外で育て,冬は室内で5℃以上に保つ。夏の生長期には十分に水やりし,葉のつけ根の筒状部にも水をためる。冬は乾燥ぎみに管理する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エクメア【Aechmea】

パイナップル科の常緑草本で,南アメリカの熱帯地域に150~180種が分布し,その多くは樹や岩に着生している。葉は硬く,縁には硬く鋭いとげがある。葉は基部で重なり,短い筒状の貯水槽をなす。花は葉の筒状部より上に伸びて,穂状花序をなす。苞や萼が着色し,長期間美しく,葉も色や形の変化にとみ,園芸的価値が高く,強健な種類が多いので,観賞用に栽植されている。シマサンゴアナナス(ファッシアータ)A.fasciata Bakerは最も栽培が多く,硬い多肉質のピンクの苞は数ヵ月も美しい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

エクメア【Aechmea】

パイナップル科の観葉植物、サンゴアナナス類の属名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

エクメアの関連キーワードアナナス類観葉植物属名