コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エコール・プラティーク・デ・オートゼチュード École pratique des hautes‐études

世界大百科事典 第2版の解説

エコール・プラティーク・デ・オートゼチュード【École pratique des hautes‐études】

フランスの高等研究院。1868年に創設された高等教育機関で,実験講座を重視すると同時に,ドイツゼミナール形式を採用して,一般の大学とは異なる新しいタイプの学術研究を目指した。当初は,(1)数学,(2)物理・化学,(3)博物学生理学,(4)歴史・文献学の4部門で発足したが,数次にわたる改組の結果,(5)宗教学,(6)社会・経済諸科学が加わり,6部門編成となった。指導教官directeur d’étudesを中心に,すでに研究者のレベルに達している少数の参加者による演習形式を基本とし,研究水準の高いことで知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エコール・プラティーク・デ・オートゼチュードの関連キーワード戊辰戦争明治早竹虎吉(初代)東京(都)ブートレロフ相楽総三慶応土佐十一烈士墓小栗忠順日柳燕石

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone