エスコフィエ(英語表記)Escoffier, Georges August

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エスコフィエ
Escoffier, Georges August

[生]1846.10.28. プロバンス
[没]1935.2.12. モンテカルロ
フランスの料理人。現在のフランス料理のバイブルといわれる『料理指針』 Le Guide Culinaire (1903) の著者。ドイツ皇帝ウィルヘルム2世をして「朕はドイツ皇帝,汝は皇帝の司厨長,そして司厨長の王」といわしめたほどの名コック。レストラン・デュ・プチ・ムーラン・ルージュに働いていた頃,ホテルリッツの経営者 C.リッツに認められてから,サボイホテルやカールトンホテルでコック長生活を送った。今日の大ホテルにおける「調理の細分化」の発案者で,フランス料理の祖といわれる。著書は"Le livre des Menus" (12) ,"Ma Cuisine" (34) など7冊あり,レジョン・ド・ヌール勲章五等章 (20) ,同四等章 (28) を授けられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エスコフィエ

フランスの名料理人。ロンドンのサボイ・ホテルを創立,カールトン・ホテルの支配人などを務めた。フランス料理を体系化し,その料理書《料理の手引き》(1902年)は西洋料理の教典とされている。
→関連項目フランス料理

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エスコフィエの関連情報