エソ(狗母魚)(読み)エソ

世界大百科事典 第2版の解説

エソ【エソ(狗母魚)】

ハダカイワシ目エソ科Synodontidaeに属する海産魚の総称。とも書く。一般に扁平な頭部,細長い体,大きな口に鋭い歯をもち,外見はヘビトカゲに似る。英名lizardfish(トカゲウオ)もこれに由来する。全世界の海に4属約34種が知られているが,そのうち日本近海からは,マエソSauridaのマエソ,ワニエソ,トカゲエソ,マダラエソ,オキエソ属Trachinocephalusのオキエソ,アカエソ属Synodusアカエソスナエソ,ホシノエソ,ハナトゴエソ,チョウチョウエソの3属18種が知られている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android