コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾバフンウニ エゾバフンウニ Strongylocentrotus intermedius

4件 の用語解説(エゾバフンウニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゾバフンウニ
エゾバフンウニ
Strongylocentrotus intermedius

棘皮動物門ウニ綱エキヌス目オオバフンウニ科。殻は半球形で,殻径4~6cm,殻高2~3.5cm。殻表全体に5~8mmの短いとげがある。体色は暗緑色や暗紫色など個体変異に富む。産卵期は夏から秋で,この時期の生殖巣は良質の雲丹 (うに) にされるほか,鮨種などにも使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エゾバフンウニ【Strongylocentrotus intermedius】

ウニ綱オオバフンウニ科に属する棘皮(きよくひ)動物。北方性のウニで,東北地方以北に分布し,潮間帯から水深30mまでにすむ。殻は半球状で,大きなものでは径8cm,高さ4cmになる。殻表に暗緑色~暗紫色の短いとげが密生しているが,ふつう一定間隔に淡色のとげが縦列をつくっている。とげの長さは5~7mmを超えない。歩帯には管足が5縦列(バフンウニは4縦列)になって並び,また大きないぼが2縦列,そしてその間に1列に中ぐらいのいぼが並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾバフンウニ
えぞばふんうに / 蝦夷馬糞海胆
[学]Strongylocentrotus intermedius

棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱オオバフンウニ科に属する海産動物。北海道と東北地方北東部沿岸でもっとも普通にみられる棘(とげ)の短いウニ。殻径6センチメートル、高さ3.5センチメートルに達する。本州産のバフンウニに似ているが、大きさは倍近くになり、棘もより太くて長い。また殻板の管足孔対数がバフンウニの4対に対して5対あることによって区別できる。体色は一定せず、暗緑色、緑褐色、赤褐色、あるいは黄白色や緑紫色を帯びたものもある。低潮線付近から水深30メートルぐらいまでの岩礁帯や転石帯に多く、コンブなどの褐藻類を中心に摂食する。産卵期は地方によって大幅にずれ、5~11月にわたる。日本産ウニ類のうちもっとも漁獲量が多い。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エゾバフンウニの関連キーワードアカウニカシパンキタムラサキウニバフンウニ赤海胆馬糞海胆紫海胆海胆ウニ(海胆)フクロウニ(袋海胆)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エゾバフンウニの関連情報