コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチミアジン大聖堂 エチミアジンダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

エチミアジン‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【エチミアジン大聖堂】

Mayr Tajar Surb Ejmiatsin》アルメニア北西部の都市エチミアジンにある大聖堂。301年にアルメニア正教の大主教座が置かれ、大聖堂が建築された。後世のアルメニア正教聖堂の規範とされるとともに、聖地としてアルメニア全土から崇敬を集めている。2000年に、近郊のズバルトノツの古代遺跡とともに「エチミアジンの大聖堂と教会群及びズバルトノツの古代遺跡」として世界遺産(文化遺跡)に登録された。エチミアツィン大聖堂

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

エチミアジン大聖堂の関連キーワードエチミアツィン大聖堂異所性種分化同所性マイアー

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android