コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中壌 たなかじょう

3件 の用語解説(田中壌の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

田中壌【たなかじょう】

森林植物学者。但馬国,現在の兵庫県出石(いずし)町(現・豊岡市)の生れ。1879年から内務省地理局山林課の事業として森林植物帯の調査を実施,5区に分けてそれぞれ気温・雨量・高度などとの関係を調べ,1885年に《大日本植物帯調査報告》としてまとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中壌 たなか-さかい

1858-1903 明治時代の林業技術者。
安政5年7月28日生まれ。内務省地理局(のち農商務省山林局)で高島北海と全国の山野を調査。明治18年最初の体系的林学書をまとめる。ドイツマイルとの調査,研究をくわえ,20年「校正大日本植物帯調査報告」を完成した。明治36年4月7日死去。46歳。但馬(たじま)(兵庫県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たなかじょう【田中壌】

1858‐1903(安政5‐明治36)
森林植物学者。但馬国(現在の兵庫県出石(いずし)町)に生まれる。1879年から85年まで,内務省地理局山林課(のち農商務省山林局)の事業として高島得三(北海)(1850‐1931)とともに日本各地の森林植物帯調査を行い,85年に《大日本(本州・四国・九州)植物帯調査報告》をまとめた。当時の日本には林学の体系的な学術書がなく,学名を確かめることさえ困難な時期に行われた山林調査であった。調査全域の各植物帯を検討し,榕樹(ようじゆ)帯,黒松帯および間帯,山毛欅(ぶな)帯,白檜(しらべ)帯,偃松(はいまつ)帯(または極帯)の5帯の区分を行い,気温,雨量,潮流,定風,高度などとの関係を調べた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田中壌の関連キーワード藤井久子万誉顕道勝詮木村素石山内曲川林基春日野資秀本多忠伸薬袋義一安井算英

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone