コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同所性 どうしょせいsympatry

世界大百科事典 第2版の解説

どうしょせい【同所性 sympatry】

マイヤーE.Mayrが2種(以上)の動物個体群の在り方と地理的種分化の関係を説明するために提唱(1942)した概念で,異所性対語。〈異なる種の個体または個体群が同じ地域に重複分布している状態〉と定義される。一般に種の進化には,個体群の地理的隔離の過程(それによる遺伝子の不混合)が必要とされ,通常現在みられるような同所性近縁種は,交雑しないほど十分に分化した種が二次的に同所性となって,それぞれの種を維持していると考えられる場合が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の同所性の言及

【異所性】より

…マイヤーE.Mayrが,〈種の分化には場所的な個体群隔離の過程が不可欠である〉という進化的法則の提唱(1942)の中で定義した語で,同所性の対語。〈二つ以上の種または亜種が繁殖の場を重複せずに分布する状態〉と定義される。…

【隔離】より

…そして異所性集団は生殖的に隔離されるに至って種の域に達する。生殖的隔離が生じた後は両種は部分的あるいは全面的に同所性sympatricになることもある。 地理的な隔離がなくても同所性集団で種分化が起こるかという問題については,隔離を必ずしも遠い距離とか越えがたい障害による完全なものだけでなく,遺伝子頻度の変化により集団を分化させる自然淘汰,機会的浮動との相対的な強さとして考えるべきで,同所性種形成の可能性はある。…

※「同所性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

同所性の関連キーワード異所性移植心臓移植肝臓移植移植

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android