エチミアツィンの大聖堂と教会群及びズヴァルトノツの古代遺跡(読み)エチミアツィンのだいせいどうときょうかいぐんおよびズヴァルトノツのこだいいせき

世界遺産詳解の解説

エチミアツィンのだいせいどうときょうかいぐんおよびズヴァルトノツのこだいいせき【エチミアツィンの大聖堂と教会群及びズヴァルトノツの古代遺跡】

2000年に登録された世界遺産(文化遺産)で、アルメニアの中西部にあるアルマヴィル・マルツ地方のアララト山とアラガツ山に挟まれたアララト平野に位置する。アルマヴィル・マルツ地方は、アルメニアの首都エレバンの西側にあって約60kmにわたってトルコと国境を接し、国内でも最も肥沃な地方の一つ。アルメニアは世界でも最も古い文化を持つ国の一つで、301年に歴史上初めてキリスト教を国教と定め、エチミアツィンに大聖堂を建設した。アルメニア高地には次々と珠玉の宗教建築が建てられた。アルメニア最古の大聖堂であるエチミアツィンの大聖堂は、アルメニア教会の総本山として知られ、アルメニア風の中央ドームや十字廊型の建物がその歴史を偲ばせる。エチミアツィンの大聖堂や7世紀半ばに建設されたスヴァルトノツ聖堂などの建造物は、この地方の聖堂建築などに大きな影響を与えたことから、人類史上、重要な時代を例証するものとして世界遺産に登録された。◇英名はCathedral and Churches of Echmiatsin and the Archaeological Site of Zvartnots

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android