コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エディントン限界 Eddington limit

2件 の用語解説(エディントン限界の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

エディントン限界【Eddington limit】

星が自己重力に対してガスと放射(輻射)による圧力勾配で静力学的平衡を保っているとしたとき,放射可能な光度の上限値をいう.

星と太陽の質量を MMS,水素の重量濃度を X,重力定数を G としたとき,エディントン限界 Lcr

で与えられる.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エディントン限界【エディントンげんかい】

恒星が到達できる最大の明るさ。1920年代に英国のA.S.エディントンが導いた恒星の質量と光度の関係に基づくもの。星の内部の圧力が放射圧のみからなる場合に恒星はその光度が最大となり,恒星の光度をL,質量をM,光速度をc,重力定数をG,放射の吸収係数をΚとして,  L=4πcGM/Κで表される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone