コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エディントン限界 Eddington limit

法則の辞典の解説

エディントン限界【Eddington limit】

星が自己重力に対してガスと放射輻射)による圧力勾配で静力学的平衡を保っているとしたとき,放射可能な光度の上限値をいう.

星と太陽の質量MMS,水素の重量濃度を X,重力定数を G としたとき,エディントン限界 Lcr

で与えられる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

エディントン限界【エディントンげんかい】

恒星が到達できる最大の明るさ。1920年代に英国のA.S.エディントンが導いた恒星の質量と光度の関係に基づくもの。星の内部の圧力が放射圧のみからなる場合に恒星はその光度が最大となり,恒星の光度をL,質量をM,光速度をc,重力定数をG,放射の吸収係数をΚとして,  L=4πcGM/Κで表される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

エディントン限界の関連キーワードエディントン光度LCR

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android