エディンバラ公(読み)エディンバラこう(英語表記)Edinburgh, Prince Philip, Duke of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エディンバラ公
エディンバラこう
Edinburgh, Prince Philip, Duke of

[生]1921.6.10. ギリシア,ケルキラ
イギリス女王エリザベス2世 (在位 1952~ ) の夫。元ギリシア,デンマーク王族の出身。イギリスで教育を受け,1940年から第2次世界大戦終了までイギリス海軍に籍を置いた。 1947年2月 28日イギリスに帰化し,フィリップ・マウントバッテン伯となった。 1947年 11月 20日エリザベス王女と結婚。その前夜,王族,ガーター勲爵士,グリニッジ男爵,メリオネス伯爵の各称号を受け,エディンバラ公爵に叙任された。 1953年王女の戴冠とともに,陸海空三軍元帥,1957年女王からイギリス王族 Prince of the United Kingdomの称号を授けられ,1960年再びフィリップ殿下を名のった。幅広い趣味をもち,写真集"Birds from Britannia" (1962) など著書多数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エディンバラ公【エディンバラこう】

英国女王エリザベス2世の夫。ビクトリア女王の曾孫でギリシア王族出身。幼年時代から英国で育ち,第2次大戦中は英国海軍に勤務。1947年英国に帰化しエリザベス2世と結婚,現称号を得た。1953年陸海空三軍元帥となる。なおエディンバラ公の称号は1865年に始まる。世界野生生物基金総裁。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

367日誕生日大事典の解説

エディンバラ公

生年月日:1921年6月10日
英国女王エリザベス2世の夫

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

エディンバラ公
エディンバラコウ
The Duke of Edinburgh

職業・肩書
世界自然保護基金(WWF)名誉総裁 エリザベス英国女王の夫

国籍
英国

生年月日
1921年6月10日

出生地
ギリシャ・コルフ島

旧名・旧姓
マウントバッテン,フィリップ〈Mountbatten,Philip〉

別名
称号=フィリップ殿下〈Pince Philip〉

学歴
英国王立海軍士官学校卒

経歴
元ギリシャ王族。ビクトリア英女王の子孫。フランス、ドイツ、英国で亡命生活を送る。第二次世界大戦中は英国海軍大尉として従軍。1947年11月20日、父方の皇位継承権を放棄し、英国王位継承者のエリザベス王女と結婚、エディンバラ公となる。’52年エリザベスが女王に即位。’53年陸海空3軍の元帥に就任。’57年フィリップ殿下の称号を得る。国際馬術連盟会長、’81〜96年世界自然保護基金(WWF)総裁のほか、各種動物愛護協会会長を務める。’97年には長崎県諫早湾の干潟の保全を求める内容の親書を橋本首相宛に送った。また熱烈なスポーツマンで、ヨットマン、飛行士でもある。’56年には若者のレジャー活動を促進するため、エディンバラ公賞をもうけた。著書に「ブリタニアの鳥」「国土に依存して生きる」など。’97年世界自然保護基金名誉総裁として来日。’76年〜2011年ケンブリッジ大学総長。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エディンバラ公の関連情報