コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エディンバラ城 エディンバラじょう Edinburgh Castle

3件 の用語解説(エディンバラ城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エディンバラ城
エディンバラじょう
Edinburgh Castle

イギリスのエディンバラキャッスル丘 (カッスルロック) にそびえる城郭。ヘンリー2世に引渡された5つの城の一つ。増改築は,エドワード3世の再要塞化 (1337) ,デービッド2世の 14世紀の天守の建築,および監獄の建築 (1573破壊) がおもなもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エディンバラ‐じょう〔‐ジヤウ〕【エディンバラ城】

Edinburgh Castle》⇒エジンバラ城

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

エディンバラじょう【エディンバラ城】

イギリスのスコットランドの首都エディンバラ(Edinburgh)にある古城。キャッスルロックと呼ばれる岩山の上に建っている。「斜面に建つ城塞」という意味の「エディンバラ」の語源となった城郭である。7世紀ごろには、ここに城塞が築かれていたといわれる。最も古い12世紀初期建造のセントマーガレット教会堂(マーガレットチャペル)、デイヴィッズタワー、ハーフムーンバッテリー、キングズロッジングなど、16世紀以前の建造物が現存する。城内には、スコットランド王家の宝冠や宝石類が展示されているクラウンルーム、戦争記念館、重厚な時計台、王族の居間、悲劇の女王メアリースチュアートMary Stuart、1542~1587年)の部屋などがある。毎年8月、この城でスコットランド駐留部隊のパレード、ミリタリータトゥーが行われることでも知られる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エディンバラ城の関連キーワードシャーロットスクエアホリールード宮殿ダニーデンスコットランド室内管弦楽団エディンバラミリタリータトゥーウォルター-スコットの家ジョン-ノックスの家スコッチウィスキー-ヘリテージセンタープリンスィズ通りスコットランド風

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エディンバラ城の関連情報