エドモン・I.É. ノカール(英語表記)Edmond Isidore Étienne Nocard

20世紀西洋人名事典の解説

エドモン・I.É. ノカール
Edmond Isidore Étienne Nocard


1850.1.22 - 1903.8.2
フランスの獣医。
元・アルフォール獣医学校校長。
プロヴァンス生まれ。
アルフォール獣医学校卒業後、母校の教授となり、1887年には校長。パストゥール研究所で獣医学に力を尽くし、オウム病菌、牛の鼻疽を発見する。また、結核の研究でも業績を上げると共に、1898年には、ピエール・ルーと共同で肺炎球菌の研究を行った。ノカルジア症、ノカール菌は、その名にちなんで命名された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android