エドワード・アダムソン ホーベル(英語表記)Edward Adamson Hoebel

20世紀西洋人名事典の解説


1906 -
米国の人類学者。
元・ミネソタ大学教授。
ウィスコンシンニューヨーク、コロンビア各大学で人類学を学び、ニューヨーク、ユタ、コロンビア各大学で教鞭を執る。1954〜68年ミネソタ大学教授を務める。アメリカ・インディアン調査、特にシャイアン族の法習俗調査で、現実主義法学者ルウェリンと共同で紛争事例研究法を確立し、以後の法人類学の発展に寄与した。又、広い視野、穏健な解釈を持って概説書を執筆。’47年アメリカ民族学会会長。’56〜57年アメリカ人類学会会長。アメリカにおける人類学一般の発達普及に貢献した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android