エドワード・アダムソン ホーベル(英語表記)Edward Adamson Hoebel

20世紀西洋人名事典の解説

エドワード・アダムソン ホーベル
Edward Adamson Hoebel


1906 -
米国の人類学者。
元・ミネソタ大学教授。
ウィスコンシンニューヨーク、コロンビア各大学で人類学を学び、ニューヨーク、ユタ、コロンビア各大学で教鞭を執る。1954〜68年ミネソタ大学教授を務める。アメリカ・インディアン調査、特にシャイアン族の法習俗調査で、現実主義法学者ルウェリンと共同で紛争事例研究法を確立し、以後の法人類学の発展に寄与した。又、広い視野、穏健な解釈を持って概説書を執筆。’47年アメリカ民族学会会長。’56〜57年アメリカ人類学会会長。アメリカにおける人類学一般の発達と普及に貢献した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android