エナンジャウン(読み)えなんじゃうん(英語表記)Yenangyaung

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エナンジャウン
えなんじゃうん
Yenangyaung

ミャンマー(ビルマ)中央部、マグウェ管区マグウェ郡に属する町。人口9万6500(2003推計)。イラワディ川中流部に広がる産油地帯の中心都市として、かつてはアジア第一級の原油採掘量を誇った。原油はパイプラインおよび航運によりヤンゴン(ラングーン)市南郊のシリアム精油所に送る。第二次世界大戦中日本軍の占領、イギリス・インド連合軍の奪回があり、独立後の内戦でも大きな損壊を被った。チャウ、ミンブーなど他の油田の増産により相対的地位は低下している。[酒井敏明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

エナンジャウン(Yenangyaung)

ミャンマー中部の町。イラワジ川中流沿いに位置する。18世紀半ばに油田が発見され、かつてアジア有数の産油地として知られた。第二次大戦中、日本軍が占領し、のちに英国インド軍が奪回。同国独立後は国有会社が採掘を続けたが、埋蔵量の枯渇に伴い、他の油田にその座を譲った。イェナンジャウン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android