エニセイスク(英語表記)Eniseisk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エニセイスク
Eniseisk

ロシア中東部,東シベリアクラスノヤルスク地方の都市。クラスノヤルスクの北約 270km,エニセイ川左岸に位置する河港都市。 1619年軍事拠点がつくられたことに始り,17~18世紀にはエニセイ川流域の商業・行政中心地として,また 19世紀の採金ブーム時には物資荷揚げ・供給地として栄えた。木材加工,食品などの工業があり,シベリア開発計画のもとで,ここに木材関係の大コンビナートを建設することが予定されている。クラスノヤルスクとハイウェーで連絡。人口約2万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エニセイスク(Eniseysk/Енисейск)

ロシア連邦中部、クラスノヤルスク地方の都市。エニセイ川とアンガラ川の合流点付近に位置し、河港を有す。17世紀にコサックが砦(とりで)を築いたことに起源し、東シベリアへの玄関口となり、交易の要地として栄えた。18世紀半ばに建てられたプレオブラジェンスカヤ教会をはじめとする歴史的建造物が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エニセイスク
えにせいすく
Енисейск Eniseysk

ロシア連邦中部、クラスノヤルスク地方の都市。エニセイ川にアンガラ川が合流する地点のやや下流、エニセイ川左岸の河港都市である。人口2万0600(2003推計)。南東方40キロメートルにある鉄道の終点マクラコボとともに、木材工業の複合地域をなし、木材加工業、食料品工業、機械製造業がある。1619年に柵(さく)(砦(とりで))として建設され、17~18世紀にエニセイ川流域の商業、政治の中心地として発達した。[三上正利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android