コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エニセイスク エニセイスクEniseisk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エニセイスク
Eniseisk

ロシア中東部,東シベリア,クラスノヤルスク地方の都市。クラスノヤルスクの北約 270km,エニセイ川左岸に位置する河港都市。 1619年軍事拠点がつくられたことに始り,17~18世紀にはエニセイ川流域の商業・行政中心地として,また 19世紀の採金ブーム時には物資荷揚げ・供給地として栄えた。木材加工,食品などの工業があり,シベリア開発計画のもとで,ここに木材関係の大コンビナートを建設することが予定されている。クラスノヤルスクとハイウェーで連絡。人口約2万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エニセイスク
えにせいすく
Енисейск Eniseysk

ロシア連邦中部、クラスノヤルスク地方の都市。エニセイ川にアンガラ川が合流する地点のやや下流、エニセイ川左岸の河港都市である。人口2万0600(2003推計)。南東方40キロメートルにある鉄道の終点マクラコボとともに、木材工業の複合地域をなし、木材加工業、食料品工業、機械製造業がある。1619年に柵(さく)(砦(とりで))として建設され、17~18世紀にエニセイ川流域の商業、政治の中心地として発達した。[三上正利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android