コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エヌマ・エリシュ Enūma eliš

世界大百科事典 第2版の解説

エヌマ・エリシュ【Enūma eliš】

バビロニアの天地創造物語。バビロンの主神マルドゥクのエサギラ神殿で,正月(現行暦の3~4月)元日から12日に行われた新年祭の4日目午後に祭儀文として奉納された。〈上では天がまだ名づけられなかったとき……〉で始まり,最初のエヌマ(とき)とエリシュ(上では)の2語をとってこう呼ばれる。原存在のアプスー(深淵の淡水)とティアマト(海の塩水)が混合し,そこから神々が生まれる。陽気な若い神々の騒がしさがもとで,神々が二分して戦う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエヌマ・エリシュの言及

【マルドゥク】より

…次のカッシート時代には,マルドゥクを〈主〉(ベール)と呼び,この呼称を人名の一部として用いることが盛んになった。またこの頃マルドゥクを主人公とした神話(《エヌマ・エリシュ》)を作ることにより,同神を神々の王としてあがめようとする試みがバビロンの神官たちにより行われたらしいことが注目される。そしてイシン第2王朝のネブカドネザル1世(在位前1125‐前1104)の時代になって初めて王碑文などで正式に〈神々の王〉と呼ばれるようになった。…

※「エヌマ・エリシュ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エヌマ・エリシュの関連キーワードバビロニア=アッシリア文学メソポタミア神話エヌマ・エリシュバビロニア

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android