エパミノンダス

大辞林 第三版の解説

エパミノンダス【Epaminōndas】

?~前362) 古代ギリシャのテーベの将軍。斜線陣による戦法を編み出しスパルタを撃破、テーベの覇権確立に努めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エパミノンダス
えぱみのんだす
Epaminondas
(?―前362)

古代ギリシア、テーベの将軍、政治家。紀元前371年、スパルタが、アンタルキダスの条約を口実に、テーベを盟主とするボイオティア同盟の解体を要求したとき、これを拒否し、侵入したスパルタ軍をレウクトラで迎え撃ち、自ら考案した斜陣法戦法によって勝利を収めた。翌年には逆にペロポネソスに遠征し、アルカディアとメッセニアをスパルタから解放した。さらに前364年にはアテネに対抗して海上進出を図るなど、親友ペロピダスとともにテーベの覇権確立に努めた。しかし決定的な軍事力と財政力をもたないテーベの覇権は、彼の個人的手腕に負うものであったから、前362年マンティネイアの戦いで彼が戦死すると、その勢力は急速に衰えていった。[篠崎三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエパミノンダスの言及

【エパメイノンダス】より

…古代ギリシアの軍人,政治家。エパミノンダスともいう。テーバイの出身。…

※「エパミノンダス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android