コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エパミノンダス Epameinōndas

デジタル大辞泉の解説

エパミノンダス(Epameinōndas)

[前418ころ~前362]古代ギリシャ、テーベの将軍。レウクトラで、新戦術の斜線陣法を用いてスパルタ軍を破った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

エパミノンダス【Epaminōndas】

?~前362) 古代ギリシャのテーベの将軍。斜線陣による戦法を編み出しスパルタを撃破、テーベの覇権確立に努めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エパミノンダス

エパメイノンダス」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エパミノンダス
えぱみのんだす
Epaminondas
(?―前362)

古代ギリシア、テーベの将軍、政治家。紀元前371年、スパルタが、アンタルキダスの条約を口実に、テーベを盟主とするボイオティア同盟の解体を要求したとき、これを拒否し、侵入したスパルタ軍をレウクトラで迎え撃ち、自ら考案した斜陣法戦法によって勝利を収めた。翌年には逆にペロポネソスに遠征し、アルカディアとメッセニアをスパルタから解放した。さらに前364年にはアテネに対抗して海上進出を図るなど、親友ペロピダスとともにテーベの覇権確立に努めた。しかし決定的な軍事力と財政力をもたないテーベの覇権は、彼の個人的手腕に負うものであったから、前362年マンティネイアの戦いで彼が戦死すると、その勢力は急速に衰えていった。[篠崎三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエパミノンダスの言及

【エパメイノンダス】より

…古代ギリシアの軍人,政治家。エパミノンダスともいう。テーバイの出身。…

※「エパミノンダス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エパミノンダスの関連キーワードメガロポリス(ギリシアの古代都市)総合年表(ヨーロッパ)テーベ(ギリシア)レウクトラの戦いファランクスメガロポリス経国美談

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android