コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピクロス主義 エピクロスしゅぎ Epicureanism

翻訳|Epicureanism

2件 の用語解説(エピクロス主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピクロス主義
エピクロスしゅぎ
Epicureanism

エピクロスの哲学をさすが,一般にはそれを誤解して享楽主義の意に用いられる。エピクロス快楽主義は,感覚的快を退けて簡素な生活のなかに魂の平静を求めるものであった。原子論を基礎とする彼の広大な体系は,この倫理的生の実践を焦点としており,その理想は彼の開いた庭園学派のなかに継承され,彼は神のごとき崇拝を集めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エピクロス‐しゅぎ【エピクロス主義】

エピクロスの教説を奉じる立場。
快楽主義。享楽主義。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エピクロス主義の関連キーワードアタラクシアエピクテトスエピクロス実践哲学シンプリキオスギリシャ哲学エピキュリアンエピクロス学派ピクロス《エピクロス哲学の徒マリウス》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone