エピクロス主義(読み)エピクロスしゅぎ(英語表記)Epicureanism

翻訳|Epicureanism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピクロス主義
エピクロスしゅぎ
Epicureanism

エピクロスの哲学をさすが,一般にはそれを誤解して享楽主義の意に用いられる。エピクロスの快楽主義は,感覚的快を退けて簡素な生活のなかに魂の平静を求めるものであった。原子論を基礎とする彼の広大な体系は,この倫理的生の実践を焦点としており,その理想は彼の開いた庭園学派のなかに継承され,彼は神のごとき崇拝を集めた。学派の主要人物には,ヘルマルコス,メトロドロス,ポリュストラトスらがいるが,この学派は各地に広がり,ラテン世界では『物の本性について』 De rerum naturaの著者ルクレチウスを出し,2世紀頃まで勢力を誇った。近世ではガッサンディがエピクロス哲学を復興,それはロックを通してイギリス経験論と結びついた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android