コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピクロス主義 エピクロスしゅぎEpicureanism

翻訳|Epicureanism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピクロス主義
エピクロスしゅぎ
Epicureanism

エピクロスの哲学をさすが,一般にはそれを誤解して享楽主義の意に用いられる。エピクロス快楽主義は,感覚的快を退けて簡素な生活のなかに魂の平静を求めるものであった。原子論を基礎とする彼の広大な体系は,この倫理的生の実践を焦点としており,その理想は彼の開いた庭園学派のなかに継承され,彼は神のごとき崇拝を集めた。学派の主要人物には,ヘルマルコスメトロドロス,ポリュストラトスらがいるが,この学派は各地に広がり,ラテン世界では『物の本性について』 De rerum naturaの著者ルクレチウスを出し,2世紀頃まで勢力を誇った。近世ではガッサンディがエピクロス哲学を復興,それはロックを通してイギリス経験論と結びついた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エピクロス‐しゅぎ【エピクロス主義】

エピクロスの教説を奉じる立場。
快楽主義。享楽主義。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone