コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピファニオス[サラミス] Epiphanios of Salamis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピファニオス[サラミス]
Epiphanios of Salamis

[生]315頃.パレスチナ
[没]403
サラミスの司教。正統信仰の擁護のためオリゲネス派,アポリナリウス説に強く反対。その主著『全異端反駁書』 Panarionは教会史の初めから当時までの 80に上る異端を論難したもので,歴史的価値は乏しいが正統信仰に対する彼の情熱がうかがえる。また修道生活の興隆にも努めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エピファニオス[サラミス]の関連キーワード素因数分解鬼岳加圧水型原子炉紫外線アダム派魏[戦国時代]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android