エピファニオス(読み)えぴふぁにおす

世界大百科事典内のエピファニオスの言及

【オリゲネス】より

…オリゲネス神学の一面のみを強調したさまざまの説をオリゲネス主義と呼び,古代および中世の教会で異端として弾劾された。4世紀の後半,サラミス主教エピファニオスEpiphaniosがオリゲネスを異端と決めつけ,ヒエロニムスもそれに荷担,結果としてオリゲネスを奉じていたエジプトの修道士が迫害された。6世紀中葉にはパレスティナの聖サバス修道院のオリゲネス主義が問題となった。…

※「エピファニオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android