コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフモント Egmond, Lamoraal, Graaf van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エフモント
Egmond, Lamoraal, Graaf van

[生]1522.11.18. エノー
[没]1568.6.5. ブリュッセル
オランダ独立運動の指導者,軍人。伯爵。エグモントとも呼ばれる。フランドルの大貴族で 1541年神聖ローマ皇帝カルル5世のアルジェ遠征に従軍して武勲をあげ,54年カルルの子フェリペとイングランド女王メアリーとの婚儀をまとめるために渡英して成功。スペインの対フランス戦争 (1557~59) にはフランドル軍を率いて参加し,サンカンタンおよびグラベリーヌの会戦で勝利を得,フランドル,アルトア両州の総督に任じられた。ネーデルラントに対するスペインの圧迫が強化されると,オランニェ公ウィレム1世 (沈黙公) およびホールネ伯らとともに反抗したが,67年ネーデルラント総督に任じられたアルバ公は,いわゆる「血の評議会」を設けて新教徒の反徒を大量に逮捕処刑し,このときエフモントも斬首された。のちゲーテは彼を題材に5幕の悲劇『エグモント』を,ベートーベンは『序曲』を含む 10曲の付随音楽を作曲した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エフモントの関連キーワードオラニエ公ウィレム(1世)ウィレム1世(沈黙公)オランダ独立戦争フランドルオランダ史