コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エマームルード Emamrūd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エマームルード
Emamrūd

1979年まではシャールードと呼ばれた。イラン北部,セムナーン州の町。テヘラン東北東 320km,標高 1300mに位置し,メシェドへの鉄道沿線上にある。往時のシャールード州の交易中心地で,綿花,コムギ,果実を産し,製材,マッチ,敷物,皮革製品などの製造が行われる。飛行場や鉄道の便もある。人口7万 8950 (1986) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エマームルードの関連キーワードバスターム

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android