エリシオン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エリシオン
えりしおん
lysion

ギリシア神話において、神々に愛された英雄や愛国者たちが、死後、幸福で充実した生活を楽しんだ場所。詩人ヘシオドスは、ここをマカローン・ネーソイ(至福者の島)とよんだ。ホメロスの叙事詩などでは、ハデスの支配する地下の冥界(めいかい)とは明瞭(めいりょう)に区別され、西の果てのオケアノスの流れに面した野原、またはその流れの中に浮かぶ島とされ、ラダマンティス(またはクロノス)が支配したとされる。後のウェルギリウスの『アエネイス』では、エリシオンは地下の冥界に移されている。[小川正広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android