エリス島(読み)エリスとう(英語表記)Ellis Island

翻訳|Ellis Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリス島
エリスとう
Ellis Island

アメリカ合衆国,北ニューヨーク湾にある小島。かつて主要な入国管理施設があった。ニューヨークのマンハッタン島から南西約 1.6km,ニュージャージー州の海岸から東へ約 400mのところにある。面積は約 10万9300m2。島名は 1770年代にこの島を所有していたマンハッタンの商人サミュエル・エリスにちなむ。1808年にニューヨーク州から連邦政府に売却され,要塞と弾薬庫として利用された。1892~1924年には入国管理事務所に利用され,推定 1700万人の移民がエリス島で入国を許可された。1943年に入国管理事務所がニューヨーク市内に移転した後も,エリス島は 1954年まで外国人と国外追放者の収容施設として使われた。1965年にリバティ島とともに自由の女神国定記念物の一部となり,1976年に再公開された。1980年代に本館その他の施設が復元され,1990年にエリス島移民博物館として公開された。エリス島の管轄権についてはニュージャージー州とニューヨーク州の論争が長く続いたが,1834年に合意に達し,当時の面積約 1万3360m2の島はニューヨーク州に帰属した。その後,1834年以降に加わった埋め立て地の部分はニュージャージー州の管轄となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エリス島の関連情報