コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エリス島 エリスとうEllis Island

翻訳|Ellis Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エリス島
エリスとう
Ellis Island

アメリカ合衆国,北ニューヨーク湾にある小島。かつて主要な入国管理施設があった。ニューヨークのマンハッタン島から南西約 1.6km,ニュージャージー州の海岸から東へ約 400mのところにある。面積は約 10万9300m2。島名は 1770年代にこの島を所有していたマンハッタンの商人サミュエル・エリスにちなむ。1808年にニューヨーク州から連邦政府に売却され,要塞と弾薬庫として利用された。1892~1924年には入国管理事務所に利用され,推定 1700万人の移民がエリス島で入国を許可された。1943年に入国管理事務所がニューヨーク市内に移転した後も,エリス島は 1954年まで外国人と国外追放者の収容施設として使われた。1965年にリバティ島とともに自由の女神国定記念物の一部となり,1976年に再公開された。1980年代に本館その他の施設が復元され,1990年にエリス島移民博物館として公開された。エリス島の管轄権についてはニュージャージー州とニューヨーク州の論争が長く続いたが,1834年に合意に達し,当時の面積約 1万3360m2の島はニューヨーク州に帰属した。その後,1834年以降に加わった埋め立て地の部分はニュージャージー州の管轄となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エリス島の関連キーワードモンク(Meredith Monk)ルイス・W. ハインツバルハイン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エリス島の関連情報