エルサルバドル内戦(読み)えるさるばどるないせん

知恵蔵の解説

1980年に起きた進歩派のロメロ大司教の暗殺事件をきっかけに、右派政府に対して左翼ゲリラ5組織の連合体であるファラブンド・マルチ民族解放戦線(FMLN)が内戦を展開した。FMLNは当初、北部から東部の山岳地帯を中心に優勢な戦いを進め、83年には国土の3分の1を支配区としたが、政府軍に米国の軍事援助が行われるようになると守勢に追い込まれ、92年に両者は和平協定に合意した。FMLNは政党としての活動を宣言し武装解除した。94年に行われた内戦後初の大統領選挙以来、右派の民族主義共和同盟(ARENA)が政権を握っている。2004年6月には同党のサカが大統領に就任した。一方で、議会ではFMLNが多数派を握った。

(伊藤千尋 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エルサルバドル内戦の関連情報