コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルサルバドル和平協定 エルサルバドルわへいきょうていAcuerdos de Chapultepec

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルサルバドル和平協定
エルサルバドルわへいきょうてい
Acuerdos de Chapultepec

中米エルサルバドルでは 1981年以来,左翼ゲリラ組織「ファラブンド・マルチ民族解放戦線 (FMLN) 」と政府軍との間で,7万 5000人の死者を出す激しい内戦が続いていた。しかし東西冷戦の終焉やニカラグアでのチャモロ政権の発足といった環境の変化を受けて和解への動きが起り,デクエヤル国連事務総長の仲介のもとに和平交渉が始った。交渉は曲折を経たが,92年1月メキシコシティーで和平協定が調印された。2月には政府と FMLNは国連エルサルバドル監視団 (ONUSAL) の監視下で停戦入りし,内戦は終結した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エルサルバドル和平協定の関連キーワードホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ[各個指定]芸能部門ラジャイ北川透銀行法座散乱木遺跡灰谷健次郎布野修司ングーギニーナ アナニアシヴィリ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android