コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルドマン エルドマン Erdman, Nikolai Robertovich

2件 の用語解説(エルドマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルドマン
エルドマン
Erdman, Nikolai Robertovich

[生]1902.11.16.
[没]1970
ソ連の劇作家。革命後のロシアの社会の混乱を風刺した作品が多い。代表作『命令書』 Mandat (1925) は V.メイエルホリドの演出で上演された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エルドマン【Nikolai Robertovich Erdman】

1902‐70
ソ連邦の劇作家。ドイツ系のロシア人で,舞台装置家の兄ボリスの影響をうけて,初めは軽演劇用の時事風刺台本を手がけたが,1925年《委任状》を完成(翌年メイエルホリド劇場が上演)。第2作《自殺者》(1928)も同劇場が稽古を進めたが,上演を禁じられた。ともに革命直後のソ連市民の右往左往ぶりを巧みなしゃれと痛烈な風刺で描いた喜劇である。以後は映画,オペラオペレッタの台本や,ドストエフスキーの《ステパンチコボ村》(1957上演),レールモントフの《現代の英雄》(1965上演)等の脚色を手がけたのみ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エルドマンの関連キーワードグレコフロシア人コミソ連邦タタールスタンロシア連邦労農ロシアウドムルト[共和国]大ロシア主義ドイツ系ボヘミア人

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エルドマンの関連情報