コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルバス エルバスElvas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルバス
Elvas

ポルトガル中東部,ポルタレグレ県の町。スペインとの国境付近,平野を見おろす丘陵上に位置し,ローマ人の要塞町アルペザ以来,軍事上の要地であった。14世紀,フェルナンド1世の時代に建築され,17世紀に強化された城壁と二つの砦は,1640年の対スペイン独立革命の際に重要な役割を果たした。19世紀初めのフランスのナポレオン軍の侵略(→半島戦争)の舞台にもなった。1498~1622年に建設された約 8kmにおよぶアモレイラの水道橋はイベリア半島最長で,今日もなお用いられる。プラムの加工など農産物加工業の中心。2012年,世界遺産の文化遺産に登録された。人口 1万3422(1991推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エルバス(Elvas)

ポルトガル東部の町。スペインとの国境近くに位置し、古くから戦略上の要地として知られ、旧市街は17世紀に築かれた城壁と二つの要塞に守られている。19世紀初頭のナポレオンによるスペイン侵略の戦地にもなった。イベリア半島最長のアモレイラの水道橋がある。2012年、「国境防備の町エルバスとその要塞群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

エルバスの関連キーワード国境防御の町エルバスとその要塞群アルトアレンテージョサルディーニャフェルナンドシルバ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エルバスの関連情報