エル・テニエンテ銅山(読み)えるてにえんてどうざん

  • El Tenente Copper Mine

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チリの首都サンティアゴの南南東100キロメートルにある銅山。白亜紀末の火成活動に伴う花崗斑岩(かこうはんがん)―石英斑岩中に鉱染した斑岩銅鉱床で、埋蔵鉱量は銅品位1%以上で約16億トン、鉱石は黄銅鉱、斑銅鉱である。1905年に発見、開発され、ブロックケービング法による坑内採鉱で日産4万トンの粗鉱が出される。選鉱によって銅品位33%以上の精鉱として、近くのカレトーネス製錬所に送られる。[房村信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエル・テニエンテ銅山の言及

【ランカグア】より

…人口19万3755(1995)。中央農業地帯の農牧畜産品の重要な集散地であるとともに,世界最大の坑内掘り銅山,エル・テニエンテ銅山操業の拠点であり,同鉱山には鉄道が通じている。首都サンチアゴ市の南約80kmにあって近年は工業も発達し,製粉,果実の缶詰等の農産加工業のほか,小規模ながら自動車組立工場も立地している。…

※「エル・テニエンテ銅山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android