コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エル・テニエンテ銅山 えるてにえんてどうざん

1件 の用語解説(エル・テニエンテ銅山の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エル・テニエンテ銅山
えるてにえんてどうざん
El Tenente Copper Mine

チリの首都サンティアゴ南南東100キロメートルにある銅山。白亜紀末の火成活動に伴う花崗斑岩(かこうはんがん)―石英斑岩中に鉱染した斑岩銅鉱床で、埋蔵鉱量は銅品位1%以上で約16億トン、鉱石は黄銅鉱、斑銅鉱である。1905年に発見、開発され、ブロックケービング法による坑内採鉱で日産4万トンの粗鉱が出される。選鉱によって銅品位33%以上の精鉱として、近くのカレトーネス製錬所に送られる。[房村信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエル・テニエンテ銅山の言及

【ランカグア】より

…人口19万3755(1995)。中央農業地帯の農牧畜産品の重要な集散地であるとともに,世界最大の坑内掘り銅山,エル・テニエンテ銅山操業の拠点であり,同鉱山には鉄道が通じている。首都サンチアゴ市の南約80kmにあって近年は工業も発達し,製粉,果実の缶詰等の農産加工業のほか,小規模ながら自動車組立工場も立地している。…

※「エル・テニエンテ銅山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone