コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花崗斑岩 かこうはんがんgranite porphyry

岩石学辞典の解説

花崗斑岩

最初は粗面岩に用いられたが[Nose : 1789],その後花崗岩に相当する斑状完晶質半深成岩的な岩石と再定義された[Kittel : 1840].類似した岩石と比較すると,石英珪長岩は石基珪長質で結晶質かどうかはっきりせず,一般に斑晶が少ない.石英斑岩は石基が微結晶質である.これに対して花崗斑岩は石基が多少粗粒で比較的多量の斑晶を含んでいる.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かこうはんがん【花崗斑岩】

花崗岩と同じ化学成分の完晶質の岩石。長石・石英・雲母などが比較的大きな斑晶を示す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花崗斑岩
かこうはんがん
granite porphyry

花崗岩と同じ化学組成と鉱物の種類や量比をもつが、大きな結晶とその周りのそれほど粒の大きくない結晶がはっきり区別される岩石。大きな結晶をなす鉱物は石英とアルカリ長石がおもで、黒雲母(くろうんも)、角閃石(かくせんせき)、斜長石は少量である。斜長石が多くなると花崗閃緑岩(せんりょくがん)ポーフィリーとよばれる。地下の浅い所に貫入してできた花崗岩体の縁の部分や岩脈として産する。日本では中生代白亜紀の花崗岩や流紋岩に伴って、中国地方や中部地方に多く産する。[千葉とき子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

花崗斑岩の関連キーワード火山‐深成コンプレックスグラノフェルスファイアエル・テニエンテ銅山グラニトファイアマークフィルド岩微花崗岩質組織アルスバッハ岩日之影(町)熊野川(川)タスピナイトグロルド岩紫雲出山ルラノ岩文象斑岩中性長石灰曹長石ムサラ山微花崗岩可愛岳熊野川

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android