コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレウテリウス Eleutherius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレウテリウス
Eleutherius

[生]?. ニコポリス
[没]189.5.24. ローマ
ニコポリス出身の第13代教皇在位 175頃~189)。聖人。初期キリスト教徒の著述家ヘゲシップスによれば,教皇アニケツス(在位 155頃~166頃)の時代にローマ教会の助祭だったという。キリスト教徒に比較的寛容だったローマ皇帝コンモドゥス(在位 177~192)の治世に教皇を務めた。在位中,教会はモンタヌス派をめぐる論争に巻き込まれた。モンタヌス派はアナトリアのキリスト教徒の間で興った運動で,預言者の恍惚状態を通じて新たな霊的啓示が得られると信じた。177年にリヨン地方のキリスト教徒から預言者モンタヌスの教えに対する意見を受け取って以来,エレウテリウスはモンタヌス派の問題に強い関心をもった。モンタヌス派に反対していたことははっきりしているが,論争をどう収めようとしていたのかは知られていない。祝日は 5月26日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エレウテリウスの関連キーワードポレッチ歴史地区のエウフラシウス聖堂建築群ボニファチウス5世ドニ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android