コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンウェル・パシャ エンウェルパシャ

百科事典マイペディアの解説

エンウェル・パシャ

オスマン帝国末期の軍人。イスタンブール生れ。1908年アブデュルハミト2世の専制政治に反対して青年トルコ革命を指導。革命派は1913年にクーデタで政権を掌握。この間のいくたの戦功により1914年少将(パシャ)となり,陸軍大臣・総参謀長としてタラート・パシャジェマル・パシャとともに三頭政治を行った。第1次世界大戦にはドイツ側に立って参戦するが,敗戦にともない国外に亡命。トルキスタンでトルコ民族独立運動に加わり戦死。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

エンウェル・パシャの関連キーワードアブデュルハミト[2世]青年トルコ革命

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android