コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンウェル・パシャ エンウェルパシャ

百科事典マイペディアの解説

エンウェル・パシャ

オスマン帝国末期の軍人。イスタンブール生れ。1908年アブデュルハミト2世の専制政治に反対して青年トルコ革命を指導。革命派は1913年にクーデタで政権を掌握。この間のいくたの戦功により1914年少将(パシャ)となり,陸軍大臣・総参謀長としてタラート・パシャジェマル・パシャとともに三頭政治を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone