コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンガノ族 エンガノぞくEnggano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンガノ族
エンガノぞく
Enggano

インドネシア,スマトラ島南部の西海岸にあるエンガノ島先住民。最初に白人 (オランダ人) に接した 1596年頃は織物,稲作,金属製作を知らず,外部との接触はあまりなかった。人口は,1866年に約 6000人いたとされるがその後激減した。北東部の海岸近くに村長と長老によって統率される村落を形成し,全体は4~8のカハという母系出自集団に所属しており,母方交差いとこ婚を行う。一夫一婦制妻方居住婚が一般的で,長子の出生後,新居を構える。祖先崇拝を含む伝統信仰は残っているが,ほとんどがキリスト教かイスラム教の信者となっている。キャッサバ,タロいもを栽培していたが,最近はココやし採集に変る者が多い。そのほか漁労を行い,豚飼育も重要。エンガノ島には現在政府の犯罪者更生施設があり,外部との交流も盛んになったため,社会文化面に大きな変化を起している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エンガノ族の関連キーワードインドネシア

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android