エンケル(英語表記)Enckell, Rabbe Arnfin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンケル
Enckell, Rabbe Arnfin

[生]1903.3.3. タンメラ
[没]1974.6.17. ヘルシンキ
フィンランドの古典派詩人,劇作家,批評家,画家。 1920年代のスウェーデン系フィンランド詩復興の代表者。フランス,イタリアに遊学,前衛誌『クォスエゴ』 Quos egoに関与した。作品は小説『肖像』 Ett porträtt (1931) ,古典に取材した詩劇『オルフェウスとエウリュディケ』 Orfeus och Eurydike (38) ,『イオカステ』 Iokasta (39) ,『アガメムノン』 Agamemnon (48) ,『ヘカベ』 Hekuba (52) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android