コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンダーズ Enders, John Franklin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンダーズ
Enders, John Franklin

[生]1897.2.10. コネティカット,ウェストハートファート
[没]1985.9.4. コネティカット,ウォーターフォード
アメリカの微生物学者。ハーバード大学で英文学を学んだのち微生物学に転じ,1930年に学位取得。ハーバード大学医学部微生物学・免疫学教授,小児病院メディカルセンター伝染病研究部長などをつとめた。ポリオウイルスを神経以外の組織で培養することに成功し,これがワクチン開発の第1歩となった。その功績により F.ロビンズ,T.ウェラーとともに 54年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。さらにウイルスの増殖に伴って培養細胞の変性が起ることを利用して,ウイルスの定量法や抗体価の測定法を確立し,ウイルス学の技術面を開拓した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エンダーズ

米国の医学者。ハーバード大学医学部細菌学免疫学教授。T.H.ウェラー,F.C.ロビンズとともにポリオウイルスの試験管内組織培養法を完成。ワクチン製造を可能にした。
→関連項目はしか

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

エンダーズ【John Franklin Enders】

1897~1985) アメリカの微生物学者。ロビンズとウェラー(T.H. Weller 1915~ )とともにポリオ・流行性耳下腺炎などのウイルスを培養、細胞で増殖させることに成功し、ワクチン開発に道を開いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンダーズ
えんだーず
John Franklin Enders
(1897―1985)

アメリカの微生物学者。コネティカット州ウェスト・ハートフォードに銀行家の息子として生まれる。1915年エール大学に入学するが、第一次世界大戦のために学業を中断、1918年空軍のパイロットとして従軍した。終戦後大学に戻り、1920年卒業。のち、ハーバード大学に転じ、文学や語学を専攻したが、友人の医学生の影響で、医学に転向した。1930年医学博士号を取得、1946年までハーバード大学で研究を続けた。1946年にボストン小児中央病院で感染症研究所を創設、1956年ハーバード大学の教授となった。
 小児中央病院での研究では、ウイルス感染症について目覚ましい成果をあげたが、とくにヒトのポリオウイルスの組織培養に成功を収め、のちにポリオワクチンが製造されるきっかけをつくった。この業績によって、ウェラー、F・C・ロビンズとともに1954年のノーベル医学生理学賞を受賞した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エンダーズの関連キーワードロビンズ(Frederick Chapman Robbins)フレデリック・チャプマン ロビンズトーマス・ハックル ウェラー流行性耳下腺炎2月10日エンダースイシス

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android