コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンドウゾウムシ

百科事典マイペディアの解説

エンドウゾウムシ

マメゾウムシ科の甲虫の1種。体長4.5mm内外,灰褐色で小白斑がある。ほとんど全世界に分布。エンドウのさやに産卵し,幼虫は種子に食い入る害虫。年1回発生し,成虫で越冬。
→関連項目マメゾウムシ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エンドウゾウムシ【pea weevil】

甲虫目マメゾウムシ科に属し,エンドウマメの害虫としてよく知られている(イラスト)。体の背面は褐色~暗褐色短毛で覆われ,胸部の基部中央,上翅の後方近く,腹部末端などに白色毛からなる斑紋がある。胸部の側縁中央に1本の歯状突起があり,その後方はえぐられる。体長約4.5mm。日本全土のほか,世界各地に広く分布する。成虫は5月ごろから栽培されているエンドウに飛来し花のみつを吸い,さやに点々と産卵する。幼虫はさやからマメの中へもぐりこみ,収穫後の7月ごろマメの中で蛹化(ようか)する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エンドウゾウムシ
えんどうぞうむし / 豌豆象鼻虫
[学]Bruchus pisorum

昆虫綱甲虫目マメゾウムシ科に属する昆虫。世界中に分布し、成虫はエンドウの莢(さや)に産卵、幼虫は豆に食い入り内部を食害する害虫である。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エンドウゾウムシの関連キーワード豆象虫

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android