エンドセリン(英語表記)endothelin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンドセリン
endothelin

1987年に日本で初めて実体が明らかにされた蛋白性ホルモンで,血管を強力に収縮する作用がある。これまでに発見されたどのホルモンよりも血管収縮作用が強いので,血圧の上昇に重要な役割を持っていると考えられている。そのため,エンドセリンの作用を抑える物質が高血圧の治療薬になる可能性が示唆されており,武田薬品を筆頭に内外の主要医薬品企業が研究開発にしのぎを削っている。最近,高血圧のほか,腎不全心筋梗塞 (こうそく) ,クモ膜下出血,喘息,その他のショックによる心身こう弱にも関係していることが解明されつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android