コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンドセリン endothelin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エンドセリン
endothelin

1987年に日本で初めて実体が明らかにされた蛋白性ホルモンで,血管を強力に収縮する作用がある。これまでに発見されたどのホルモンよりも血管収縮作用が強いので,血圧の上昇に重要な役割を持っていると考えられている。そのため,エンドセリンの作用を抑える物質が高血圧の治療薬になる可能性が示唆されており,武田薬品を筆頭に内外の主要医薬品企業が研究開発にしのぎを削っている。最近,高血圧のほか,腎不全心筋梗塞 (こうそく) ,クモ膜下出血,喘息,その他のショックによる心身こう弱にも関係していることが解明されつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エンドセリン(endothelin)

血管内皮細胞から形成・放出される強力な血管収縮因子。昭和63年(1988)、真崎知生らにより発見された。21個のアミノ酸からなるペプチド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

エンドセリン

 血管内皮細胞が産生する血管収縮作用のあるペプチド.3種類あり,ET1,2,3とされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

エンドセリンの関連キーワードボセンタン水和物トラクリア錠眞崎知生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android