コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エートフ図法 エートフずほう

1件 の用語解説(エートフ図法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エートフ図法【エートフずほう】

世界地図用の図法の一つ。1889年ロシア人エイトフD.Aitoffが考案。地球の半球を赤道に接する平面に正積投影し,これを水平方向だけ2倍にのばし全地球の経緯線を作る。
→関連項目ハンメル図法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

エートフ図法の関連キーワードエイトフ図法エケルト図法古地図図法投射図法ハンメル図法星形図法輿図輿地図メルカトール投影法

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone