コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エートフ図法 エートフずほう

百科事典マイペディアの解説

エートフ図法【エートフずほう】

世界地図用の図法の一つ。1889年ロシア人エイトフD.Aitoffが考案。地球の半球を赤道に接する平面に正積投影し,これを水平方向だけ2倍にのばし全地球の経緯線を作る。
→関連項目ハンメル図法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

エートフ図法の関連キーワード森鴎外内閣総理大臣饗庭篁村黒田清隆内閣ゴッホ嵯峨の屋お室スベルドラップ(Johan Sverdrup)広島(市)森有礼メネリク[2世]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android