エーメ セゼール(英語表記)Aimé Césaire

20世紀西洋人名事典の解説


1913.6.25 -
フランスの詩人,政治家。
フォールド・フランス市長。
フランス領マルティニーク島出身。
フランス領であるインド諸島マルティニーク島出身で、パリ留学中にサンゴールとともに活動し、黒人の文化的・政治的複権を訴えて「ネグリチュード」を主唱。1939年の復権から解放に至るまでを題材とした長編詩「帰国ノート」を発表し、絶賛された。作品はほかに詩集「奇跡の武器」(’46年)、「首を切られた太陽」(’48年)などがある。また、政治家としては’45年以来下院議員、フォールド・フランス市長を兼任し、はじめは共産党に属したが、後に離党しマルティニク進歩党を結成した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android