エーリヒ クライバー(英語表記)Erich Kleiber

20世紀西洋人名事典の解説


1890.8.5 - 1956.1.27
オーストリア指揮者。
ウィーン生まれ。
プラハ音楽院、プラハ大学で学ぶ。1912年ダルムシュタット宮廷歌劇場指揮者としてデビュー、デュッセルドルフなどを経て、’23年ベルリン国立歌劇場の音楽総監督。’34年ナチスの文化政策に反対して辞任。’36〜47年まで中南米で活躍後ヨーロッパ楽壇に復帰、’54年再びベルリン国立歌劇場主席指揮者となるが、翌年政治的理由で辞任。言葉のリズムとオペラの演出効果に傑出した才能を示し、オペラの指揮に独特の境地を開拓する。レコードフィガロの結婚」は名盤で、指揮者カルロス・クライバーは息子である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1890年8月5日
オーストリアの指揮者
1956年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android