コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイルバーナー オイルバーナーoil burner

4件 の用語解説(オイルバーナーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オイル‐バーナー(oil burner)

重油軽油・灯油を噴霧し、空気と混合して燃焼させる機器。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

オイルバーナー

重油,原油,コールタールなどを燃やすときに使う器具。効率よく燃焼させて,熱や高温を取り出すのに利用する。加圧空気や水蒸気の力で油を霧状にし,空気流中に噴射して燃焼させる。
→関連項目バーナー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オイルバーナー【oil burner】

灯油,重油などの燃料油を効率よく燃焼させて,熱あるいは高温を取り出す装置。オイルバーナーによる燃焼は,ガス燃焼に比べて,熱放射率が高いため効率的な加熱を行うことができ,また,石炭の燃焼に比べて,燃料の輸送,供給が容易であり,環境汚染物質の排出も少ないところから,実用的な燃焼方式として,発電所のボイラーセメント焼成炉,石油化学加熱炉などで広く使われている。オイルバーナーの特徴は,燃料と空気の接触面積を増やし蒸発を促進するため,燃焼に先立って,燃料油を霧状にして空気流中に噴射するいわゆる微粒化を必要とする点である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のオイルバーナーの言及

【バーナー】より

…燃料を安全に効率よく燃焼させて熱あるいは高温を得る装置。燃料の種類に応じて,ガス燃焼用のガスバーナー,灯油や重油など液体燃料の燃焼用のオイルバーナー,石炭燃焼用の微粉炭バーナーなどがある。また,燃料と空気の混合のさせ方で,予混合型バーナーと拡散型バーナーに分類される。…

※「オイルバーナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone