コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオイカリナマコ オオイカリナマコSynapta maculata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオイカリナマコ
Synapta maculata

棘皮動物門ナマコ綱無足目イカリナマコ科。体は円筒形で非常に長く,伸びると体長 3m,直径 5cmにもなる。体色褐色暗緑色などの色帯が 5本の明瞭な縦列になり,これに褐色斑と黒色斑とが交互に交わる。皮膚は柔らかく,半透明でねばねばする。体の表面には長さ 5mmほどの錨状の骨片が多数突き出ており,これで他物に鉤着する。頭端には 15本の触手があり,20~30対の羽状小枝をつける。与論島以南のインド洋から西太平洋に分布し,サンゴ礁の砂上に生息する。(→棘皮動物ナマコ類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オオイカリナマコ【Synapta maculata】

ナマコ綱イカリナマコ科の棘皮(きよくひ)動物。与論島からインド洋,太平洋の熱帯海域に分布し,サンゴ礁の砂の上や潮が引いて露出する平らな場所の上に横たわっているのが見られる。体は円筒形で,直径5cm内外。自然状態でよくのびると3mになることもある。体色は褐色,暗緑色などの5本の縦の色帯があり,これに褐色斑と黒色斑とが交互に交わる。頭端には15本の触手があり,それぞれに20~30対の羽状小枝をつける。皮膚は軟らかくて半透明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオイカリナマコ
おおいかりなまこ / 大錨海鼠
[学]Synapta maculata

棘皮(きょくひ)動物門ナマコ綱イカリナマコ科に属する海産動物。サンゴ礁の砂地にすむナマコの一種で、奄美(あまみ)、沖縄諸島以南に分布。体長は棘皮動物中でもっとも大きく、3メートル近くに達する。体色は褐色、緑褐色、暗緑色、あるいは暗青灰色の濃淡のある縞(しま)模様が全身にある。体をゆっくりと伸び縮みさせ、先端にある口の周りに生えたふさふさした触手を絶えず動かしている。体内には先のとがった骨片が多数埋まっており、触れるとざらざらした感触がある。名前はこの骨片が錨形をしていることに由来する。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオイカリナマコの関連情報